スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 ランキングに参加しています♪
当サイトにお越しいただき、ありがとうございます。参考になった! と思ったら、クリックお願いします。

 人気ブログランキングへ

更新の励みになります。皆様のもとにかわいい赤ちゃんが訪れますように・・・











Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

知っているようで知らない、生理のこと

性教育の授業などで習った「生理(月経)」のこと。あなたはきちんと理解していますか?

何もしなくても、毎月自然と来るものなので、何を今更・・・・・・と思われるかもしれませんが、
生理の周期によって排卵の日(つまり、赤ちゃんができる大事なチャンス!)が決まります。
生理について知識を深めることによって、自分の体を知り、それが、妊娠へと繋がるのです。
なんとなくで受け止めていた生理について、まずはおさらいしましょう!



どうやって起こるの? 生理のメカニズム

生理には、4つの周期があります。内膜が増殖する「卵胞期」、排卵が起こる「排卵期」
受精卵が着床しやすい状態になるように、内膜がさらに厚くなる「黄体期」
そして、内膜の一部がはがれ落ちる「月経期」です。

卵胞期では、脳の視床下部から「性腺刺激ホルモン放出ホルモン(Gn-RH)」が、
下垂体からは「卵胞刺激ホルモン(FSH)」が分泌されます。
それらのホルモンによって、卵巣で数個の原始卵胞が育てられ、
「卵胞ホルモン(エストロジェン)」を分泌します。このホルモンの作用で、内膜が増殖するのです。

卵胞ホルモンの分泌がピークに達する排卵期になると、今度は「黄体形成ホルモン(LH)」が分泌されます。
この頃、卵巣では、卵胞期に育てられた卵胞が成熟しています。
(成熟卵胞は、もっとも成熟した1つを除いて、それ以上は成熟しなくなります。)
成熟卵胞を刺激し、排卵を起こすのが、この黄体形成ホルモンです。

卵巣から飛び出した卵子は、卵管に取り込まれます。
ここで精子と出会い、受精すれば、受精卵となって子宮へ運ばれ、
子宮内膜に着床した時点で、妊娠したことになるのです。

排卵によって、卵子が飛び出したあとの卵胞は、「黄体」と呼ばれる組織に変化し、
「黄体ホルモン(プロジェステロン)」を放出します。
これにより、子宮では受精卵が着床しやすい状態になるように、内膜がさらに厚くなります。
これが「黄体期」です。そして、受精(妊娠)しなかった場合に訪れるのが、次のステージ「月経期」です。

受精卵が着床しないと、黄体は約2週間でしぼみ、「白体」へと変化します。
さらに、黄体期に放出されていた黄体ホルモンの分泌が、急激に減ります。

そうすることによって、子宮内膜の血管に変化が起こり、血液の供給がストップされ、
内膜の一部が壊死すると、はがれ落ちて、生理になるのです。
こうしてみると、なんとなく受け止めていた生理も、体の各器官とホルモンが深く関わっていて、
とても繊細なんですね。



人と違って当たり前! 生理にも「個人差」がある

「先月は友達と生理になった日が同じだったのに、今月は違った」
「血の量が人より多いみたい」「生理の時は痛みがあるけど、あの子はないみたい」
こんな経験、ありませんか? 人と違うと心配になりますが、生理にも個人差があります。
それに、上記でご覧頂いたとおり生理は繊細で、体調不良やストレスなどによって
異常がなくても周期がずれることや、排卵しない(無排卵性月経)こともあります。
また、体が更年期に入れば、周期や量も乱れてくるものです。

大切なのは、自分のパターンをしっかり把握しておくことです。
そうすれば、体に異常があっても、早めに対処することが出来ますからね。
その為にも、正常な生理の目安を、確認しておきましょう。


月経周期
月経周期とは、生理が始まった日を1日目として、次の生理が始まる前日までを数えたものです。
一般的に25~38日くらいあると、言われています。
これだけ差があると、先月生理の開始日がお友達と同じだったとしても、ズレが生じるのは当然ですよね。
また、31日以上周期がある人は、生理が月に1回来ないこともあります。

月経期間
月経期間は、そのままの意味で、生理が続いている期間のことです。
正常の場合、だいたい3~7日くらいあります。

血量
日によって変化はありますが、だいたい50~100gくらいが目安です。
多い日で1日30g(大さじ3杯)程度になります。

生理にともなう各種症状
月経前や月経中には、頭痛、腰痛など人によって様々な症状(月経随伴症状)があります。
鎮痛剤で治まる程度なら、心配いりません。


 気をつけて! こんな場合は注意が必要です!

  ・妊娠していないにもかかわらず、生理が3カ月以上こない
  ・生理が10日以上続く
  ・ナプキンが1時間も持たないような血量が続く
  ・生理になる度に、血量が増えている

放っておくと、あとで大変な目にあうこともあります。
大事なあなたの体です。異常を感じたら、お医者さんに相談してみましょう。



まとめ

生理が起こるには、体の器官とホルモンが関わってきます。
その為、一言に生理と言っても、人によって症状は異なりますし、体調や精神状態に左右されることも。
煩わしいときもありますが、意外と繊細なんですね。
自分のからだのことをよく知り、異常を感じた場合は、すぐに病院へ。
妊娠を望むなら、自分の生理パターンをよく知ることも、大事ですよ。



 ランキングに参加しています♪
当サイトにお越しいただき、ありがとうございます。参考になった! と思ったら、クリックお願いします。

 人気ブログランキングへ

更新の励みになります。皆様のもとにかわいい赤ちゃんが訪れますように・・・







■この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。




Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Check









ケータイ&スマホでも気軽にチェック!


Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。